コラーゲンを多く含む食品について

デスク01コラーゲンを多く含む食べ物は豚肉やスジ肉、鶏皮やフカヒレ、鶏手羽や鶏軟骨などがあります。多くの女性に美肌効果があるとして人気です。コラーゲンが体の中で生成されやすいブロッコリーやピーマンなどのビタミンCと一緒に摂ると良いです。コラーゲンは20歳代を過ぎると減り始め40歳を過ぎる頃には急激に減ります。コラーゲンが減ると肌が荒れたり張りなどの潤いがなくなってしまいます。ですのでコラーゲンが豊富な食材を積極的に食べて補うのが大切です。コラーゲンがある食べ物の中でも特に有名なのがフカヒレや手羽先です。手羽先は、グリルで焼いて塩コショウするだけでも美味しく頂けるので、普段の食事で摂りやすいです。お店で食べる方が多くフカヒレスープが代表的な調理方法です。お店に行かずに、通販などでも種類が豊富で商品が簡単に手に入ります。豚足もコラーゲンを多く含むのですが、特有のにおいがあるため苦手な方もいます。夜の休息時にコラーゲンの新陳代謝がされるので夕食時などに食べると良いです。牛すじ肉を柔らかく煮込みカレーライスにしたりと、自宅でコラーゲンを摂ることは可能ですので、毎日の食事でコラーゲンを食べて健康と美容を保ち続けると良いです。

Comments are closed.