コラーゲンペプチドの役割とは

テーブル肌の美しさに欠かせないタンパク質であるコラーゲンを、加水分解して低分子化し、それにより人間の体に吸収しやすくしたものをコラーゲンペプチドと呼びます。分子が小さいことにより、吸収できないまま体外に排出されるといったことがなく、効率よく吸収ができます。

ゼラチンと呼ばれる状態のコラーゲンを、さらに分子量を小さくすることにより、コラーゲンペプチドと呼ばれる健康食品の成分となります。これらは肌や骨だけではなく、関節痛の症状緩和などにも高価が確認されており、膝関節を酷使するアスリート選手たちにも人気があるようです。また、肌の保水能力にも一役を担っています。

これら全身に必要であるコラーゲンですが、当然毎日定期的に摂取ができたほうがいいと言えます。

コラーゲンは肌だけではなく、骨にも必要となります。骨の基質の90%はコラーゲンから成り立っており、骨粗しょう症などが気になる、特に女性の方には必要なものです。

また、イワシなどから抽出したペプチドと一緒に取れるペプチンという商品も販売されています。いずれにせよ、コラーゲンペプチドは通常のコラーゲンよりも非常に分子が細かいので、体内からの摂取もより効果的に行うことができます。

 

Comments are closed.