Author Archive

コラーゲンの副作用ってあるの?

美肌になれると言う事で、コラーゲンを食べ物やサプリメントで意識的に摂取している女性は少なくありません。
コラーゲンを含む食品がブームになった事もありますが、夜食べて眠ると翌朝には肌がプルプルになるということで、毎晩のようにコラーゲン入りの鍋物などを食べていたと言う人もいるようです。
でもやはり食事からコラーゲンを摂取しようとするのは、毎日の事となると容易ではありません。
ですから手軽に思いついた時いつでもコラーゲンを摂取できる、サプリメントや美容ドリンクを利用している人も多いのです。
サプリメントなどは確かに便利ですが、注意しなければならない事もあります。
サプリメントや美容ドリンクは食品であって薬ではないのですが、副作用のような症状が現れることがあるのです。
全ての人に起こる症状ではありませんが、動物性コラーゲン場合はアレルギー体質の人であれば反応してしまう事がありますし、そうでもない人でも必要以上に過剰摂取するのは体に負担をかけてしまう事があるので注意が必要です。
たくさん摂取すればそれだけキレイになれると思いがちですが、やはり決められた量を守ってこそ効果を発揮するのです。
それに一度にまとめて大量摂取するよりも、毎日継続する事の方が効果的なのでサプリメントやドリンクは決められた量を飲むようにしましょう。

効果的な摂取方法にについて

???? Vol.123 ??????-??????????美容のために特に重要な栄養素は、果物や芋類に特に多いビタミンCです。優れた抗酸化作用があるため、メラニンの色素沈着を防いで肌のシミやニキビを予防する効果があります。さらに、肌のうるおいのために欠かせないコラーゲンを生成するためにも必要です。熱に弱いという問題がありますが、澱粉によって保護されている芋類のビタミンCであれば、加熱をした後でも損なわれる分が少ないために利用しやすくなります。摂取方法で手軽なのは、野菜ジュースや果物ジュースを飲むことでもあります。

肌の健康を促進するためには、健康な血液を作って血流も良くする必要があります。肉類や魚介類からは吸収力に優れているヘム鉄を摂取して、さらに野菜類からも植物性の非ヘム鉄を摂取することで、健康的な血液を作ることができます。造血ビタミンとも呼ばれる葉酸も同時に摂取すれば効果的です。

食事では必要なビタミンCや鉄分を全て摂取できない場合には、食後にサプリメントを飲んで補うことも有効な方法です。サプリメントだけで摂取するのは理想ではありませんが、食事と組み合わせれば健康的です。不足する栄養があるのは困ったことですから、サプリメントも賢く利用して栄養不足を予防するのが基本です。

 

サプリやドリンクから摂取する方法とは

コラーゲンを毎日の食事から摂取しようとするとなかなかできないということは知られています。たとえば、高級食材で有名なフカヒレや牛すじ肉、鶏の手羽先などがありますが、どれも毎日の食卓にとはいかない食材ばかりです。また、鶏や牛すじは人によっては、嫌いなこともあるため一般向けとして難しいといえます。そのため、サプリメントや美容ドリンクなどを上手に利用することによって、コラーゲンを補っていくことがおすすめといえます。また、サプリメントとドリンクによっても違ってきますので、それぞれのメリットやデメリットを知っておく必要があります。たとえば、ドリンクの場合コラーゲンが豊富に含まれているため、一本で一日分の摂取量を十分に補うことができます。また、コラーゲン以外の美容成分が含まれている商品も多いことから、美肌やアンチエイジングとしても効果があります。しかし、価格は高めということもあり続けていくには出費は覚悟が必要です。サプリメントは一粒に配合されているコラーゲンは少ないため、一日数粒服用します。また、安価な価格で販売されている商品もありますが、品質にバラツキがあるため選ぶときはしっかり判断して購入する必要があります。

コラーゲン鍋で得られる成分について

美容に良い成分としてはコラーゲンが有名です。肌のハリや弾力を保つのには欠かせない成分ですが、年齢とともに体内から減少していきますので、上手に補っていきましょう。サプリメントや美容ドリンクなどから取ることもできますが、普段の食事からも摂取ができます。
コラーゲンを含む食品は様々な種類がありますが、寒い時期になるとよく選ばれるメニューに鍋があり、コラーゲンをたっぷり含んだコラーゲン鍋も人気です。
コラーゲンは鶏の水炊き鍋などからも取ることができますが、コラーゲンボールを利用すれば、どんな鍋もすぐにコラーゲン鍋にすることができます。
コラーゲンボールは飲食店などでは業務用のものが使われていますが、自宅でも水とゼラチンを利用すれば簡単に作ることができます。
水にゼラチンをふやかし、煮溶かしてあとは製氷器などに入れて固めると出来上がりです。
こうした鍋を用意すると、食事を楽しみながらしっかりとコラーゲンを補給することができますし、野菜やキノコなどもたっぷり利用しますので、ビタミンやミネラル、食物繊維も補給することができます。
さらに、豆腐も鍋物によく利用していますが、大豆イソフラボンや良質のたんぱく質も取れて、美容にも健康にも良いと言えます。

 

コラーゲンを多く含む食品について

デスク01コラーゲンを多く含む食べ物は豚肉やスジ肉、鶏皮やフカヒレ、鶏手羽や鶏軟骨などがあります。多くの女性に美肌効果があるとして人気です。コラーゲンが体の中で生成されやすいブロッコリーやピーマンなどのビタミンCと一緒に摂ると良いです。コラーゲンは20歳代を過ぎると減り始め40歳を過ぎる頃には急激に減ります。コラーゲンが減ると肌が荒れたり張りなどの潤いがなくなってしまいます。ですのでコラーゲンが豊富な食材を積極的に食べて補うのが大切です。コラーゲンがある食べ物の中でも特に有名なのがフカヒレや手羽先です。手羽先は、グリルで焼いて塩コショウするだけでも美味しく頂けるので、普段の食事で摂りやすいです。お店で食べる方が多くフカヒレスープが代表的な調理方法です。お店に行かずに、通販などでも種類が豊富で商品が簡単に手に入ります。豚足もコラーゲンを多く含むのですが、特有のにおいがあるため苦手な方もいます。夜の休息時にコラーゲンの新陳代謝がされるので夕食時などに食べると良いです。牛すじ肉を柔らかく煮込みカレーライスにしたりと、自宅でコラーゲンを摂ることは可能ですので、毎日の食事でコラーゲンを食べて健康と美容を保ち続けると良いです。

健康効果とは

ヒアルロン酸は私たちの関節などに存在し、人の体や軟骨には欠かすことの出来ない物質の一つです。そしてこのヒアルロン酸が加齢や運動などで摩耗すると、変形性関節炎などの障害を引き起こすこともあるほど、このヒアルロン酸は私たちの体にとっては必要不可欠なものです。そしてこのヒアルロン酸は、近年その優れた成分が一段と注目され、美容や健康食品など様々などに利用されるようになりました。かつてこのヒアルロン酸は非常に高価なものであり、一般の健康食品や化粧品に使用することはほぼ不可能でしたが、技術の改良により、薬局などで販売されている栄養食品などにもヒアルロン酸は活用されています。
また、病院などの専門の医療施設では、変形性関節炎の治療として直接このヒアルロン酸を関節や軟骨の位置に注入する方法が導入されています。因みに薬局などで販売されているヒアルロン酸のサプリメント類ですが、こちらはあくまでも美容などの目的で使用することが殆どで、関節炎などの治療には殆ど効果が無いようです。一部自己免疫疾患にこれ等のヒアルロン酸サプリメントが有効だという説もありますが、相当の量を摂取しなければいけません。ですので、体に異常を感じている人は、医師の指導の下にこれらのヒアルロン酸サプリメントを摂ることをお勧めいたします。

アンチエイジング効果

アラフォー、アラフィフになっても肌が若々しい女性は肌の弾力性が違います。
指で軽く押した時の跳ね返す様な弾力が年齢と共になくなってきてしまいますが、真皮のはたらきが上手くいっている場合は加齢に負けない肌を保ったままでいられるのです。
表皮の下にある真皮にはコラーゲンやエラスチン、ムコ多糖などの弾力繊維があり、繊維芽細胞によってそれらは生成されていますが、加齢と共に十分に生成されなくなったり、逆に破壊する酵素が発生したりしてしまいます。
コラーゲンやエラスチンがしっかり弾力を保っていられるようにアミノ酸やビタミンなどを摂取するようにしたいものです。また、ストレスをためない生活だったり、質のよい十分な睡眠をとることも肌の再生のためには必要不可欠です。
また、激し過ぎない運動を継続して行うことも代謝の高い身体を保つことに繋がりますので、血液循環やリンパの流れを活性化し老廃物をためないで新陳代謝のよい身体、肌のアンチエイジングにつながります。
またさらに効果を期待するのであれば、繊維芽細胞の働きを活性化させる化粧品や美容クリニックでのトリートメントを受けることもコラーゲンを強化する目的においては有効です。

コラーゲンペプチドの役割とは

テーブル肌の美しさに欠かせないタンパク質であるコラーゲンを、加水分解して低分子化し、それにより人間の体に吸収しやすくしたものをコラーゲンペプチドと呼びます。分子が小さいことにより、吸収できないまま体外に排出されるといったことがなく、効率よく吸収ができます。

ゼラチンと呼ばれる状態のコラーゲンを、さらに分子量を小さくすることにより、コラーゲンペプチドと呼ばれる健康食品の成分となります。これらは肌や骨だけではなく、関節痛の症状緩和などにも高価が確認されており、膝関節を酷使するアスリート選手たちにも人気があるようです。また、肌の保水能力にも一役を担っています。

これら全身に必要であるコラーゲンですが、当然毎日定期的に摂取ができたほうがいいと言えます。

コラーゲンは肌だけではなく、骨にも必要となります。骨の基質の90%はコラーゲンから成り立っており、骨粗しょう症などが気になる、特に女性の方には必要なものです。

また、イワシなどから抽出したペプチドと一緒に取れるペプチンという商品も販売されています。いずれにせよ、コラーゲンペプチドは通常のコラーゲンよりも非常に分子が細かいので、体内からの摂取もより効果的に行うことができます。

 

効果と働きについて

???? Vol.123 ??????-??????????年齢とともに肌に張りがなくなったり、透明感がなくなってきたという悩みをかかえている女性は多いです。皮膚の下の真皮と呼ばれる場所には、肌の弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど生成する働きがある肌細胞があります。この肌細胞は加齢や紫外線、ストレスなどで減少してしまいます。そのためストレスや年齢とともにさまざまな肌トラブルが起こるのです。最近は美容関係の医療も発達しており、自分の皮膚をほんの少し採取して培養し、気になる部分に注入することで若いころの働きを取り戻すといった施術があります。自分の皮膚を使って培養するので失敗や副作用もなく安全です。マイナス面とすれば、早急に劇的な変化を求める人には向いていないという点です。ゆっくりと効果が現れてきますので、気長に待つ必要があります。若々しさをいつまでも保ちたい、若いころにはなかった肌トラブルを改善したいという方におすすめです。一回の施術で永久に効果があると言うわけではないので、1年半から2年に1回注射すると状態をキープできます。しかし最新の医療なので値段はかなり高額になります。安全ですが、手軽に受けられるレベルではありません。お金に余裕がある人にはとてもおすすめな方法です。